鹿児島の戦前

戦前の鹿児島の風景を写した絵葉書コレクション

鹿児島の戦前

弾痕と舊鶴丸城跡現今第七高等学校

1946年(昭和21年)3月 - 校名から「造士館」を除き、「第七高等学校」に改称]。 1949年(昭和24年)5月31日 - 新制「鹿児島大学」の発足により、包括され「鹿児島大学第七高等学校」と改称。 1950年(昭和25年)3月31日 ...
鹿児島の戦前

九州の都会 鹿児島市のメンストリートに聳ゆる山形屋百貨店全景

奥のビルは改修を繰り返し現在も健在している。大通りには路面電車の線路がまだ敷設されていない。
鹿児島の戦前

東郷平八郎君誕生の地

東郷平八郎は弘化4年(1848年)12月22日、加冶屋町二本松馬場の薩摩藩士の家に生まれた。本来の誕生地は県立鹿児島中央高等学校の敷地内にある。 銅像は鹿児島県鹿児島市清水町 多賀山公園の頂上に、錦江湾を睨むように建っている。 昭和32年岡...
鹿児島の戦前

西郷隆盛君誕生の地

鹿児島市加治屋町 wikipadia 西郷隆盛 西郷隆盛君は友達など親しみを込めた君(くん)ではないコトバンク
鹿児島の戦前

磯祇園の洲

この場所は祇園之洲公園となっている。一体は埋め立てられ整備されている。公園の一角には鹿児島市出身の宮原晃一郎(1882-1945)の詩『われは海の子(我は海の子)』は、1914年(大正3年)刊行の「尋常小学唱歌」第六学年用に掲載された文部省...
鹿児島の戦前

西郷隆盛以下諸士之墓及南洲翁之像

wikipadia多事多端なりし維新當時をそぞろに偲ぶ西南役諸士の墓 多事多端なりし維新當時をそぞろに偲ぶ西南役諸士の墓
鹿児島の戦前

磯 琉球人松

この絵葉書は、現在も鹿児島市天文館にて営業している画材店「集景堂」の前身が発行したもの。 以前、絵葉書が残っていないかお尋ねしたところ災害に見舞われた際に水没してしまったとのこと。 カラー化してみました。 左に見える土の道路は現在の国道10...
鹿児島の戦前

0019-天保山より桜島を望む

我は海の子白波の。。。 『われは海の子(我は海の子)』は、1914年(大正3年)刊行の「尋常小学唱歌」第六学年用に掲載された文部省唱歌であるが、歌詞は鹿児島市出身の宮原晃一郎(1882-1945)の詩。鹿児島市の祇園之洲公園には歌碑が建てら...
鹿児島の戦前

山川港上空より開聞岳を望む

手前が山川港 湾に沿って国鉄指宿枕崎線の線路が続く。現在も単線で電化されていない。写真でも分かるように、山に沿っているため少し雨が降ると運休になる。また、倒木による運休も頻繁である。 指宿枕崎線は、ジェットコースター並みに揺れる。
鹿児島の戦前

桜島 白雲悠々と空を流れ颯爽として海洋に浮かべる雄姿櫻島

白雲悠々と空を流れ颯爽として海洋に浮かべる雄姿櫻島手前に広がる海は鹿児島湾(錦江湾)。右手前には桜島フェリー乗り場がある。この海には海上自衛隊の潜水艦が潜水しており、ときおり海面に現れる。
鹿児島の戦前

多事多端なりし維新當時をそぞろに偲ぶ西南役諸士の墓

鹿児島の戦前

鶴丸城趾

往時を偲ぶ島津氏の居城鶴丸城趾 現在は第七高等学校が建つ