0019-天保山より桜島を望む

鹿児島の戦前


我は海の子白波の。。。

『われは海の子(我は海の子)』は、1914年(大正3年)刊行の「尋常小学唱歌」第六学年用に掲載された文部省唱歌であるが、歌詞は鹿児島市出身の宮原晃一郎(1882-1945)の詩。鹿児島市の祇園之洲公園には歌碑が建てられている。

タイトルとURLをコピーしました